高齢者ドライバーにもおすすめなスライドドアの車について

CAR

初の輸入軽スポーツカー登場

輸入車の大半は普通車(登録車)ですが、古今においてごく一部ながら、日本の軽自動車規格に適合した車種も存在します。

ごく最近の例では、この4月1日から日本で発売開始される事になった、「ケータハムセブン160」があります。

セブンは、元々ボディサイズがコンパクトで、全幅を少し狭くしてエンジンを660ccにダウンサイジングすれば、軽自動車枠に収まる車種でした。
普通の車と異なりフェンダーが独立しているので、幅を詰めるのは比較的容易ですし、エンジンも日本の軽自動車メーカーから調達すれば良いので、あとは企画を立ち上げるか否かだけの問題と言えました。
とはいえ、海外のメーカーが本当にそれを実現してしまったのはアッパレな事で、日本人としては嬉しくなります。

そして、軽自動車化の恩恵は、価格や維持費が安くなった事に加え、パワーが過剰でない為誰にでも取っ付きやすい車になっていると思われるので、ファン層の拡大にも繋がるものでしょう。

過去において、初代「スマート」を軽自動車化した「スマートK」や、最初から軽自動車として登録出来た「ポルスキー・フィアット126」など、輸入実用車の軽自動車版は存在しました。

しかし、スポーツカーとしては、セブン160が記憶する限り初の輸入軽自動車である筈です。
これは、セブンファンのみならず、維持費をなるべく抑えながら本格スポーツカーに乗りたい向きにとっては、見逃せない車種でしょう。

インフォメーション

初の輸入軽スポーツカー登場

輸入車の大半は普通車(登録車)ですが、古今においてごく一部ながら、日本の軽自動車規格に適合した車種も存在します。ごく最近の例では、この4月…

»more

マイカーの赤ビートル

私が愛車のニュービートルに出会ったのは、就職1年目の4年前のことでした。中古車ではありますが、絶妙なシャコタン具合、イカツイマフラーに牙のようなカッコいい…

»more

車の下にもぐるネコ

私の住む街は北国なので、3月といっても雪が降ることはよくあります。ある日の朝、起きてみたら2センチほどの雪が積もっていました。我が家は、夫…

»more

車のスライドドアは本当に便利

我が家で乗っている車は、ホンダのステップワゴンです。ワンボックスカーに乗ったのは、ステップワゴンが初めてで、その前はずっとセダンに乗っていました。…

»more

TOP